火災共済とは?…火災保険や火災共済とは、家やマンション、その他の家財が火災などで焼失してしまった…

火災共済とは?

火災保険や火災共済とは、家やマンション、その他の家財が火災などで焼失してしまったときに、それらを再購入するための費用を保障してくれる保険のことです。

せっかく購入したマイホームやマンション。火災で焼け落ちることなど想像したくもありませんが、稀に火災が起きるのも事実です。しかも、自分たちの火の不始末がなくても、落雷などの自然現象で発火、消失という事態もないわけではありません。住宅ローンだけ残して燃えてしまっては大変ですから、家やマンションには必ず火災保険をかけておくのが一般的です。

どの火災保険も主契約に火災、落雷、破裂、爆発の4項目が含まれて居ます。ただし、地震による被害には対応していないので、それは別で保険加入が必要です。

火災保険を比較するポイントは、自分の家に必要な保障を備え、かつ妥当な掛け金になっているかどうかと言う点です。大抵、家を新築したりマンションを購入したりする時、融資をしてくれる銀行から火災保険の加入が義務付けられます。しかし、これは火災保険加入が義務になっているということなので、自分で保険を選ぶことが出来るのです。

最近はカスタマイズ型火災保険が増えてきています。これは、保障して欲しい項目を自分で選択して、不要な保障は割愛することで割安な保障を受けられるタイプの保険です。項目を細分化して特約化している生命保険と同じ考え方ですね。例えば、マンションの最上階だったら浸水の項目は外すことが出来るでしょう。こうして割安な火災保険に加入できるのです。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/