火災共済の比較…もっとも古い損害保険である火災保険は、当然ながらほとんどの大手保険会社が商品を…

火災共済の比較

もっとも古い損害保険である火災保険は、当然ながらほとんどの大手保険会社が商品を取り扱っています。そして共済でも扱っており火災共済と呼ばれます。ただ、生命保険と違ってネット生保などが存在しません。大体は保険会社として知名度が高い損害保険会社や共済ならなじみのある共済団体等ので入ることになるでしょう。そもそも住宅ローンなどで指定されている場合は選択の余地も比較の余地もなかったりしますが、その場合は住宅ローンそのものをよく比較検討したほうが良いでしょう。

現在は火災保険や火災共済に関しても、ネットでの見積もりが一部で可能になっています。

見積り比較をする際に比較対象となるのは、プラン・補償の自由度と実際の保険料、各種割引の適用具合でしょう。現在の火災保険は非常に幅広い範囲の災害損害を保障してくれますが、当然全ての補償をつければそれだけ保険料が上がります。立地や生活スタイルによって実際の災害リスクには差がありますので、出来る限り自由に補償内容を選べるほうが良いでしょう。また、各社火災保険で結構差が出るのが、火災以外の事故に関わる諸費用の扱いです。家屋損害後の残存物片付け費用などは標準で含まれている場合が多いのですが、災害見舞金などの扱いに関しては各社有ったりなかったりで分かれてきます。

なお地震補償の扱いには注意が必要です。

また、保険や共済ごとに違いが大きいのが、各種割引の適用基準と種類です。基本的に火災に強いツーバイフォー工法であるとか、鉄筋コンクリート造りであるとかは火災リスクが小さいとして保険料が割引されますが、どれぐらい割引されるのか、どのような構造が適用範囲なのかは会社ごとに細かく違いがあります。この辺りに注目して火災保険・火災共済を比較してみると良いでしょう。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/