生命共済の特色…多くの方がご存知の通り、生命保険は保険会社の有する保険商品の一つであり…

生命共済の特色

多くの方がご存知の通り、生命保険は保険会社の有する保険商品の一つであり、最も契約者の多い保険でもあります。死亡保障のみではなく、入院・通院保障や最新医療保障など、様々な特約を付け加えることにより、万が一自分の身にどのような事態が起こっても対応できると言う点が大きなメリットとなります。近年では共済組合の持つ保障内容の手厚さが向上してきており、生命保険とほぼ同等のものとなってきましたが、柔軟性は生命保険の方が高くなっています。

生命保険の取り扱いは各種保険会社となりますが、原則として「相互扶助」の仕組みとなっており、契約者がそれぞれで毎月少しずつ費用を支払うことで、共有の巨大な貯蓄を作り、万が一に際した方に対して契約者全員で助け合うことになります。日本全国において広く募集できることから、その規模は非常に大きく、同じく相互扶助を原則とする共済と比べると、その貯蓄高から保障内容は手厚くなります。

ただし、共済と比較すると保障が手厚い分、毎月の支払額は高額になりがちなため、特約などの保障内容はしっかりと精査し、数年に一回は見直しをする必要も出てくることでしょう。

生命保険に加入する際はライフスタイルを改めて見直し、ファイナンシャルプランナーの方と相談を繰り返すことで、本当に必要な保障を最大限利用することが出来る契約を結ぶことが大切になってきます。保険会社によっても特色に違いが見られるため、事前にいくつかの資料を集めておくことも必要となります。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/