共済の種類…保険や共済には数多くの種類があり、いろいろな分類方法があります…

共済の種類

保険や共済には数多くの種類があり、いろいろな分類方法があります。

・定期保険・生命共済
保険加入期間があらかじめ10年、20年、30年のように決められている保険で基本的には掛け捨てタイプの死亡保障です。死亡保険金や死亡共済金を受け取る事ができるのは、保険加入期間のみ。毎月の保険払い込み料を安く抑えたい方にはおすすめですね。

・終身保険
一度加入したら一生涯保障が続くタイプの生命保険。つまり、人間は必ず人生の最後に「死」を迎えますから、人生の最後に必ず死亡保障を受け取る事ができるタイプの保険です。

終身保険は定期保険と比較すると毎月の保険払い込み料が高く、まるで銀行口座に貯金をしているような錯覚になるほどなのですが、終身保険の多くには貯蓄機能もついているので、加入してから一定期間が続く、死亡保障額が引き下げられる変わりに、とまとまった金額を受け取る事も可能です。共済では終身の保障はあまりありません。

・養老保険
貯蓄タイプの生命保険。

保険加入時に決められた保険期間内に死亡した場合には死亡保障金を受け取る事ができ、保険期間が終了して満期を迎えた場合には、満期保険金という保障を受け取る事ができます。死亡保障金と満期保険金の金額は同じである事が多く、払い込んだ保険料よりも受け取る事ができる金額の方が高いのも魅力的。数ある生命保険の中では貯蓄性が最も高いタイプの保険と言えるでしょう。やはり養老保険のように貯蓄性の強いものは共済ではあまりないようです。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/