共済って何?…若くて独身だった頃にはあまり考えなかった「生命保険」。しかし、家庭を持ったり子供…

共済って何?

若くて独身だった頃にはあまり考えなかった「生命保険」。しかし、家庭を持ったり子供が出来たりすると生命保険と親権に向き合わなくてはいけなくなります。保険会社ならば生命保険ですが、共済の場合には生命共済です。生命保険や生命共済とは私達人間にかける「保険」であり「共済」なのですが、万が一の時には残された家族にまとまった金額を残す事ができる死亡保障が、最も知られている保障なのではないでしょうか。

生命保険生命共済は基本的に三本柱で成り立っています。

・死亡保障
死亡した時に残された遺族に支払われる保障。教育費や生活費、家のローンなどによって、必要になる死亡保障額も変わってきます。

・医療保障
怪我をしたり病気をしたりして入院した場合、死ごとが出来なくなる事で収入が減ってしまう事もあるかもしれません。入院保障や手術保障などの医療保障は、生命保険や共済内で保障としてつける事もできますし、医療保険医療共済として別に加入する事もできます。特に共済では医療保障は充実しています。

・老後保障
生命保険の中には、満期が設定されていて満期になるとまとまった金額を受け取る事ができる貯蓄タイプもあります。

死亡保障のみや医療保障などと比べると貯蓄タイプの老後保障は毎月の払い込み保険料も少し高めになってしまうことも多いのですが、収入が激減する老後にまとまった保険金や共済金を受け取る事ができるのはとてもうれしいもの。保障と貯蓄を兼ねたい人におススメです。

リーズナブルに生命保険に加入したい場合には共済が人気があるようです。万が一をきちんと保障して安心したいですね。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/