共済と生命保険の違い…共済と生命保険では、近年においては内容に大差こそありませんが…

共済と生命保険の違い

共済と生命保険では、近年においては内容に大差こそありませんが、生命保険は認可事業であり、営利目的としているのに対し、共済は非営利の協同組合法人と言う扱いになると言う違いがあります。また、生命保険は営利事業であるため、募集組織を持ち営業によって契約を進める、加入者を増やすことが出来ますが、共済は特定の募集組織は持っておらず、募集範囲も特定の職域である、同一の地方自治体であるなど、一部制限があります。近年では全国展開を進める共済も増えてきていますが、基本として共済は「特定の条件に一致する」場合に加入できるものとなります。

また、生命保険の場合は様々な特約が用意されており、取り扱い保険会社によって内容は一部異なるものの、ほぼ共通の医療特約を加えることが出来ますが、共済の場合は各種共済組合によって取り扱い商品が違う場合があり、生命保険と比べると一部では保障内容に含まれないものなどもあります。また、共済の場合は大小合わせて非常に多く存在しているため、それぞれの共済組合で内容を比較するなどして情報を精査する必要が出てくるかもしれません。

特に注目される大きな違いとして、月々の費用があります。生命保険は万が一のトラブルに対しても、ほとんどのケースについて対応が可能であり、先進医療保障などの特約を加えることによって十分な安全保障を得ることが出来る分、月額費用は高額になりがちです。

共済の場合、それぞれの共済組合において必要な保障が優先的に組まれている場合もありますが、生命保険と比べると、一部で保障内容に含まれないものがありますが、月額費用は安価に収まる事がほとんどとなっています。

違いこそ多くありますが、生活環境においてどちらが優れているかは変わってくるため、まずはライフスタイルを見直すことで、より適したものを選ぶことが大切となります。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/