共済保険のメリットとデメリット…リーズナブルな掛金で加入する事が出来る共済保険は、生命保険と比較すると毎月の…

共済保険のメリットとデメリット

リーズナブルな掛金で加入する事が出来る共済保険は、生命保険と比較すると毎月の払い込み保険料もかなりリーズナブルなのが最大のメリットです。死亡保障は生命保険ほど充実していない事もありますが、生活習慣病が気になる年齢になると、共済保険のリーズナブルな掛金で加入できる医療保障はたまらなく魅力的です。

保険金が支払われるまでのスピードも共済保険のメリットです。死亡保障でも医療保障でも、保険菌を受け取るまでに何ヶ月もかかってしまったのでは、それまでの生活に困ってしまいますよね。

共済保険では、保険金申請をしてから支払われるまでの時間もかなり早いので、必要な時にきちんと保険料を受け取る事が出来ます。

私達が元気に働ける年齢の時には、死亡保障も医療保障もリーズナブルにカバーしてくれる共済保険はとてもおススメですが、60歳や65歳以上の高齢になると、共済保険では保障があまり良くないというデメリットもあります。共済保険の多くが、保障期間が60歳ぐらいで終了してしまったり、60歳を超えると保障内容が自動的にガクンと下がってしまうようです。

老後も継続して安心したい場合には、共済保険だけでなく生命保険にも加入しておいたり、自分で貯蓄をしておくことが必要になります。人生80年とも90年とも言われている時代ですから、60歳以降の人生設計も念頭に置かなければいけませんよね。共済保険や生命保険を上手に組み合わせながら上手に人生プランをたてていきたいものです。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/