共済と生命保険の違い…今後の人生を出来る限り磐石にできるよう対策を講じるためのものとして存在している…

共済と生命保険の違い

今後の人生を出来る限り磐石にできるよう対策を講じるためのものとして存在しているのが保険制度です。多くの場合においては生命保険会社と契約すると言う事が主流になっていますが、中には共済に加入し、月々の支払額を抑えつつも生命保険と同等の恩恵を得ると言う方法にも注目が集まっています。どちらにも特色があり、ライフスタイルに合わせた選択が重要となってきます。

近年では規模の大きな共済組合も増えてきており、生命保険などの保険会社の有する保険商品の内容と大差がなくなってきましたが、共済と生命保険の大きな違いとして、生命保険は募集組織を有し、全国において活動していることに対し、組合は「地域、もしくは職域」に限定されています。一部の大手共済組合を除き、特定の募集組織も持っていません。

月々の支払い金額も、生命保険のほうが高額になる傾向にあり、共済は比較的安価に収まりますが、取り扱い保険商品の内容としては生命保険のほうが充実しています。また、生命保険は保険会社との契約により経済の保障を行うものに対し、共済は組合員全員の経済的保障を行うものと言う違いがあります。

どちらが優れているかと言うより、それぞれの特色を把握し、ライフスタイルに合わせた加入を考えることで、生命保険会社各種、共済組合各種の違いなども考慮し、今後の生活において必要不可欠となり得る保障が充実しているところを選ぶと言うのが現代における賢い保険選びなのかもしれません。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/