共済か生命保険か…案外知られていませんが、保険と言うのは永続的に同じ種類の物を続けるのではなく…

共済か生命保険か

案外知られていませんが、保険と言うのは永続的に同じ種類の物を続けるのではなく、数年に一度見直すことで、より利用価値の高いものとなって行きます。例えば年代が20代から30代に変わったとき、結婚したとき、再就職や子どもが生まれたときなど、一つの区切りに合わせて現在の保険を見直すことが強く推奨されています。

しかし、どのような保険にすればいいのかと言う絶対的な答えは無く、それぞれのライフスタイルに合わせて適宜必要な保障が含まれたものを選ぶ必要があり、確実な保障を得るには相応に知らなければならないこともあります。

特に迷いがちなのが「共済」を選ぶか、「生命保険」を選ぶかです。共済は地域が限定されているものの、加入することによって組合員として様々な恩恵を受けることができる他、支払い金額も比較的少額に収まります。ただし、保障内容はその組合の規模によって左右されると言う側面も強く、生命保険会社などと同等の保障を受けるには相応の規模を持つ共済を探す必要があります。

生命保険の場合、月額の支払金は共済保険と比較すると高額になりがちですが、「保険」そのものに特化した大きな恩恵を受けることができます。

保険商品も豊富に揃っており、様々な保障を組み合わせることにより、万全の体制を個人で整えることが出来るのが強みです。

どちらを利用するかというのはライフスタイルによってメリット、デメリットが存在していますが、どのような保障内容を求めているのか。加入することでどのような恩恵を受けることが出来るかを精査することにより、自ずと見えてくることでしょう。

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/